> > バンクイックの借入、クレジットカード審査で不利になる?

バンクイックの借入、クレジットカード審査で不利になる?

手軽に現金の借り入れができるバンクイックのようなカードローンはとても便利です。

でもカードローンとはいえ、お金を借りているということには違いはありませんから、何かと不安なこと、気になることもありますよね。

例えば新たにクレジットカードを申し込むとなると、カードローンと同様に契約前の審査があります。そこでバンクイックでの借り入れが障害になるのでは?という考えが浮かぶ人も当然いるでしょう。

実際のところ、バンクイックの借り入れがあるとクレジットカードの審査で不利になるなどの影響はあるのでしょうか?

ここではそんなバンクイックを含めたカードローンの借り入れとクレジットカード審査の関係についてご紹介します。

クレジットカード審査のポイントは?

実はクレジットカードの審査もカードローンの審査も基本的には大きな違いはありません。

クレジットカードとカードローンは、それぞれ支払いの立て替えと現金の借り入れというようにシステムこそ違うものの、後から本人がお金を支払うことになるという共通点があります。

したがって、その後々の支払いを確実に実行できるかどうかという支払い能力を確認することが審査のもっとも重要な目的になるのです。

それでは支払い能力という観点から見て、バンクイックのようなカードローンでの借り入れはどのように評価されるのでしょうか?

借り入れ件数が多いほど審査で不利になる

原則として、カードローンなどの借り入れ件数が多ければ多いほどクレジットカードの審査では不利になります。

目安としては、クレジットカードを申し込む時点での借り入れ件数が3社を超えると審査に通らなくなる可能性が上がってくると考えておいた方が良いでしょう。

複数の業者からお金を借りているということは、それだけ経済的にひっ迫しているとみなされます。しかも1件でまとまった金額の借り入れができないということでより評価は低くなるでしょう。

結果として、支払い能力に不安要素ありという判断につながってしまうのです。

ただしバンクイック1件だけの借り入れであれば、よほど審査の厳しいクレジット会社でない限り審査に通らないほどの悪影響を与えることはほとんどないと考えられます。

もしもバンクイック以外にも2件以上借り入れがある場合は要注意です。

  • 一括返済などで清算して借り入れ件数を減らす
  • 複数借り入れをいずれか1社にまとめる

審査に通る確率を少しでも上げるためには、以上のような対策が必要になるでしょう。

借り入れ件数がごまかせないワケ

3社以上借り入れがあったとしても、申告しなければばれないのでは?と考える人もいるかもしれません。しかし残念ながら審査の際に借り入れ件数をごまかしたり隠すことはまず不可能です。

個人のカードローンなどでの借り入れ履歴は信用情報と呼ばれ、専門の機関で記録・管理されています。過去から現在に至るまでの借り入れに関するほとんどすべての情報がデータとして残っているのです。

クレジットカード審査では信用情報を必ず照会しますから、たとえ本人が申告しなくても現在の借り入れ件数は正確にわかってしまいます。

借り入れ件数を少なく申告したとしても、虚偽の情報で審査に通そうとしたとみなされてクレジット会社の心証を悪くするだけです。

借り入れ件数ゼロも意外とNG!?

それでは借り入れ件数がゼロの人がクレジットカード審査では一番有利なのかと言えば、意外とそうとも言い切れない理由があります。

もちろん、今現在借り入れがないということで審査には通る可能性が高いでしょう。

しかし、もし今までの人生の中で一度もカードローンはおろかクレジットカードすら契約したことがないとなると、現在、あるいは過去に借り入れ経験がある人よりも評価が低くなってしまうかもしれません。

というのは、現在までに一度も信用情報に登録される行為がなかったということで、信用情報は白紙の状態になります。すなわち過去のデータを参考に評価を行うことができないのです。

そのため、支払い能力は未知数、ゼロからのスタートという結果になり、借り入れ経験のある人よりも評価が低くなることがあるというわけです。

キャッシング枠は総量規制に要注意

ほとんどのクレジットカードは、通常のショッピング枠とは別にキャッシング枠と言ってカードローンと同じように借り入れができる機能を付加することができます。

このキャッシング枠を申し込む際は、ショッピング枠とは少し異なる注意点があります。

カードローンを利用したことのある人であれば、総量規制という言葉を耳にしたことはあるかと思います。

総量規制とは貸金業法という法律の中で定められている個人の借入額を制限する仕組みのことです。これによると、原則として借入合計額が年収の3分の1を超えてはならないということになっています。

クレジットカードではショッピング枠は総量規制とは関係ありませんが、キャッシング枠は総量規制の対象となります。

つまり万が一すでに他のカードローンなどでの借り入れ額が年収の3分の1を超える、あるいはそれに迫る金額になっていた場合、クレジットカード自体の審査は通っても、キャッシング枠の希望額が通らないということがあり得るのです。

銀行カードローンは関係ないとは限らない

総量規制に詳しい人であれば、バンクイックのような銀行カードローンはその対象とならないということもご存知かもしれません。

総量規制を含む貸金業法という法律は、基本的に貸金専門の消費者金融に対して効力を持つものであり、銀行とその直営カードローンは対象外となります。

しかしだからと言って、バンクイックならいくら借り入れがあってもクレジットカードの審査には影響しないと考えるのは危険です。

繰り返しになりますが、個人の借り入れに関する情報はすべてクレジットカード審査の際に信用情報で確認されます。

そしてどんな形でのどこからの借り入れであれ、その借り入れ額が収入に占める割合が大きすぎると判断されれば審査に悪影響を与える可能性が高いのです。

キャッシング枠を希望する場合は特に、バンクイックのような銀行カードローンであっても借り入れ額には注意するようにしましょう。

ブラックはクレジットカード審査も通りません

1つだけ、絶対にクレジットカード審査に通らない条件があります。それはブラックだった場合です。

過去の借り入れにおいて、何らかのトラブルとみなされる行為があると、それは事故情報として信用情報に登録されます。この信用情報に事故情報が掲載されている状態がいわゆるブラックです。

  • 長期返済延滞(3ヶ月以上
  • 任意整理
  • 自己破産・個人再生などの法的な債務整理手続き

事故情報として登録される可能性があるのは主に以上の3つです。

ブラックは現在の状況とは関係なく、返済能力という意味では最低評価になってしまいます。したがって、ブラックはクレジットカードの審査にはほぼ100%通りません

借り入れ件数と同様、ブラックであることも信用情報を照会すれば確実にわかってしまうことなので、隠すこともできません。

ただし事故情報はトラブルの解消から一定年数を経過すると消去されることになっています。事故情報が消えればブラックではなくなるので、審査に通る可能性は出てくるでしょう。

【参考ページはこちら】
バンクイックのおすすめQ&A

新着記事
ページトップへ