審査が早くて金利も低め!バンクイックの魅力と借入れ方法大解剖

数々のカードローンの中から、なかなかこれだ!というものを見つけるのは難しいことですよね。よく調べないうちに「とりあえずここでいいや!」と借りてしまった後に、「ここのほうがよかった…」と後悔した覚えがある方も、もしかしたらいるかもしれません。

そんなことにならないように事前にしっかりと情報を集めることが大切になってくるのですが、人によってカードローンに何を求めるかが変わってきます。その中でも特に多いのが

  • 金利が出来るだけ低いところがいい
  • 出来るだけ審査が早く済むところがいい
  • あんまり審査が厳しすぎないところがいい

といったところではないでしょうか。特に金利は返済額の総額に直結してきますので、出来るだけ低いほうがいいに決まっています。あまり望んで高い金利のところがいいという人はいないですよね(笑)。審査が早く済むという点も、急いでお金が必要な方にとってはかなり重要なポイントです。事態によっては最優先事項になる場合もあるでしょう。

このようなちょっとワガママといってもいいようなポイントを満たしているカードローンがあります。それが三菱UFJ銀行のカードローンである「バンクイック」なんです!

使いやすくて嬉しいバンクイック

バンクイックでは、初めてカードローンを利用したいと考えている方にも嬉しい特徴が沢山あります。中でも大きな特徴・魅力としては以下のようなものが挙げられます。

  • 最短即日で利用が可能!
  • 銀行カードローンの中でも低金利で限度額も高め!
  • ATM利用料が無料!

とりあえず3つを挙げましたが、非常に嬉しい特徴ばかりですよね。詳しく知りたい!という方もいらっしゃると思いますので詳しく解説していきます。

最短即日で利用が可能

特に急いでお金を借りたい!という方にはとっても嬉しいと言えるこちらの特徴。なんとインターネットで審査を申し込んだ場合、最短30分で審査結果がわかるんです。朝にインターネットから申し込みをすれば昼くらいにお金を借りる…ということも夢ではありません!

仕事が忙しくてなかなか窓口に行くことが出来ないからずっとお金を借りることが出来なかった…という方でも、インターネットからなら夜、家に帰ってきてから申し込みをする、なんてことも出来ますよ。

ただ、三菱UFJ銀行の審査がその日のうちに行われるのは21時までです。時間ギリギリや21時を超えた時間に申し込んでも審査は行われませんので、その点には注意して下さい。

例えば1日の夜23時にインターネットから申し込みをしても三菱UFJ銀行は営業時間外です。その場合、最短でも翌営業日の2日中に審査結果が来ることになります。

あまりカードローンに詳しくない方が陥りがちなミスなのですが、仮に審査が30分で完了したからといって、契約をしなければ実際お金を借りることは出来ません。審査に可決したからその瞬間からお金を借りることが出来るわけではないのです(商品や会社によっては可能な場合もありますが、基本的には違います)。

その契約までの時間も短縮したい!そう思っている方なら「テレビ窓口」を利用した申し込み方法がおすすめです。

テレビ窓口とは消費者金融におけるローン申込機みたいなものです。アコムでいえば自動契約機(むじんくん)、といったところですね。このテレビ窓口を利用すれば、その場でカードを発行してくれますので審査に可決したらすぐに契約、カード発行からの借り入れがスムーズに済みます。

しかも利用できるまでの時間は最短で40分!審査も含めてのこの時間ですから、ちょっと昼休みに抜けてバンクイックに申し込んで借り入れ…なんてことも出来てしまいますね。さらにこのテレビ窓口は三菱UFJ銀行の営業時間が終了する午後3時以降も稼働しています。「銀行の営業時間内にテレビ窓口に行くのは絶対に無理!」という方でも夜仕事が終わったあとにゆっくりとテレビ窓口からバンクイックに申し込むことが出来るんです。

銀行ならではの金利と限度額

カードローンを利用するに当たってやはり気になるのは金利です。出来るだけ金利は抑えて、ムダにお金を払うことのないようにしたいところですからね。

バンクイックはその点に関しても優秀で、金利はさすが銀行カードローンと言える低金利を実現させています。

利用限度額 金利
10万円以上50万円以下 年14.6%
50万円超100万円以下 年12.6%
100万円超150万円以下 年11.6%
150万円超200万円以下 年9.6%
200万円超250万円以下 年8.1%
200万円超250万円以下 年8.1%
250万円超300万円以下 年7.1%
300万円超400万円以下 年6.1%
400万円超500万円未満 年5.6%
500万円 年4.6%

利用限度額は10万円単位となりますので最低10万円からの契約になりますが、15%を切る金利で借りることが出来るのはとっても有難いことですね。他の消費者金融や銀行のカードローンと比較してみても低い部類であることがわかります。

会社名 金利
三菱UFJ銀行 14.6%
三井住友銀行 14.5%
みずほ銀行 14.0%
オリックス銀行 17.8%
新生銀行カードローン レイク 18.0%

こちらは銀行のカードローンで、最高金利を比較してみた表になります。こちらを見ていただくとわかる通り、バンクイックと比べて金利が低い銀行(三井住友銀行、みずほ銀行)も確かにあるのですが、非常に金利が低い部類であることがわかるのではないでしょうか。

消費者金融のカードローンはほとんどが17%以上で18%に近い金利になっていますので、それと比べても3%以上バンクイックの方が金利分でオトクになっていることがわかります。

また、利用限度額についても500万円とゆとりの金額になっています。まあ、500万円が必要になるようなことはほとんどないかと思うのですが…。それでも、借りられないよりは借りることが出来るというのはちょっとオトクな気分になりますよね(笑)。

ATM利用料が無料!

これもさりげなく?嬉しいポイントなんです。特にバンクイックはATMからの借り入れでしかお金を借りることが出来ません。つまり、ATMを利用する頻度はATM以外の借り入れ方法があるカードローンに比べるととても多くなるということなんです。

ATM利用料は会社によって有料とするところも、無料とするところもあります。仮に有料だった場合は取引額が1万円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円というのが一般的になっています。借り入れの時は有料、返済の時は無料となる場合もあれば、どちらの場合でも有料とするところもあります。

100円なんて大した額じゃないじゃん!と思う方もいると思います。確かに100円がかかること自体は大したことではありません。しかし、限度額内で何度も借り入れと返済を行うようなタイプの方だと、ひとつひとつは小さくてもどんどん積もっていきます。特にカードローンは何年も継続して使うことが多いですから、いざ計算してみたら手数料だけで数万円行っていた…なんてこともありえない話ではありません。

バンクイックはその点ATM利用料が無料となっていますので、何度借り入れをしても、何度返済をしても一切手数料はかかりません!とりあえず1万円だけ引き出したけどやっぱり足りないから2万円を追加…といったときでも、仮に手数料だ有料だとこの行動だけですでに324円も手数料を支払っていることになります!それが0円になるのですから節約になりますよね。

利用できるATMは三菱UFJ銀行のATM、提携のコンビニエンスストアのATMとなります。対応しているコンビニATMは

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-net

の3種類です。いずれかはお家、または勤務先の近くにあるのではないでしょうか?利用時間等はそれぞれ設置されているATMの営業時間に準拠しますが、基本的には0:10~23:50まで残高照会及び借り入れが可能です。ただ毎週月曜日の1:00~5:00と毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00はメンテナンス等のために利用することは出来ません。

バンクイック利用の際の注意点

しっかりとバンクイックの大きな魅力3つをご紹介させていただきましたが、「とっても便利そうだから早速申し込もう!」と思う前に、バンクイックの注意点に関してもお話しておきたいと思います。

物事は長所と短所があることが多いように、バンクイックにも短所と言えるべき部分がないわけではありません。人によってはそれは短所となりませんが、別の人にとってはそれが大きなマイナス点となることもあります。しっかりと長所だけでなく短所に関しても知っておきましょう。

借り入れがATMからのみ

カードローンの重要な点のひとつが利便性です。実際自分が利用することはなくても、その手段を取ることが出来る、可能であるということはメリットになりますよね。バンクイックの場合、お金の借り入れ方法としてあるのはATMからの借り入れのみ。

例えば子育てに忙しい主婦の方の場合、なかなかATMに行けないこともあるでしょう。そういった時に銀行振込に対応しているカードローンであれば会員サイトで振込の申し込みを行えば自分の指定した口座にすぐ振り込んでもらうことが出来ます。

お金が必要だけど雨がすごくて外に出たくない…といったちょっとぐうたら(笑)な理由のときもインターネット振込があれば便利ですよね。バンクイックの場合、そういったシーンに合わせた借り入れが出来ない点は人によっては短所となるところだと思います。

口座がないと引き落とし不可

バンクイックにて選べる返済方法は以下の2つになっています。

  • ATMからの返済
  • 口座振替による引き落とし

このうち口座振替による引き落としにつきましては、三菱UFJ銀行の預金口座を持っていないと利用することが出来ません。こちらは仕方ないと言えば仕方ない点なのですが、バンクイックは三菱UFJ銀行の預金口座を持っていなくても利用出来ますので、口座振替もできればもっと便利なのにな~と思ってしまう点ですね。

バンクイックでお金を借りるには

長所と短所がわかったところで、バンクイックで実際にお金を借りる方法についてここからは解説していきます。

申し込み方法

バンクイックの申し込み方法として利用できるのは以下の4つになります。

  • インターネット
  • テレビ窓口
  • 電話
  • 郵送

バンクイックのホームページには、おすすめなのはインターネットと記載されています。こちらは24時間365日申し込みが出来る点と審査が早い点がメリットですね。モバイルサイトもありますので携帯電話、スマートフォンからの申し込みももちろんOKですよ。

テレビ窓口は先ほど解説しましたが、ATMに併設されている形で設置されています。こちらは最短40分で申し込みから借り入れまでを行えるので、ある程度まとまった時間を取れる方にはおすすめの方法ですね。通常土日や祝日には営業していない銀行ですが、テレビ窓口であれば営業を行っている点もポイントです。なかなか平日には行けないけど土日なら大丈夫!という方も安心です。

電話や郵送でも申し込みは出来ますが、電話はともかく郵送の場合は時間がかかりますのであまりおすすめできる方法ではありませんね。電話は初めてのカードローンで不安があるという方や、申し込み方法がいまいちわからない、返済方法や返済プランについて相談しながら借り入れを行いたいという方にはいいと思います。

ただ、どちらの方法も(郵送であれば当然ですが)審査結果が出るまで、及び実際に利用できるようになるまでは時間がかかりますのでその点は理解・納得した上でその方法で申し込むようにしてください。

必要な書類

バンクイックと契約するにあたって必要な書類があります。それは、本人確認書類です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

中でも一番いいのは運転免許証ですね。また、テレビ窓口で契約する際は運転免許証のみ有効ですので、運転免許証を持っていない方はテレビ窓口で契約できません。これは要注意です!

また、利用限度額を100万円を超えた額で希望している方の場合は上記の書類に加えて

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の方の場合)
  • 確定申告書第1表・第2表

以上のいずれかが必要になりますので、沢山の借り入れを希望する方は用意を忘れないで下さいね。

一番早く借りるならテレビ窓口!

バンクイックのホームページにも記載されていますし、こちらの記事でもさんざんいっていることではあるのですが、バンクイックで一番早くお金を借りたい!と思うのであれば「テレビ窓口」一択です。その理由ははやりその申し込みから借り入れまでの早さ、その一点に要約されるといっても過言ではないでしょう。

テレビ窓口の受付時間は平日、土祝日、日曜とその日によって変わります。

受付時間
平日 9:00~20:00
土曜・祝日 10:00~18:00
日曜 10:00~17:00

ホームページに掲載されている混雑情報によると、朝や夕方は混雑が少なめなのですが、お昼前~14時くらいにかけては非常に混雑するようです。やはり昼休みに申し込む人が多いのでしょうか?

混雑している時間帯は40分で借り入れまで終わらない可能性もありますので、時間をずらすことが出来るのであれば空いている時間帯を狙ったほうがスムーズな借り入れが望めそうですね。

仮にテレビ窓口にいったとしても待たされるのは嫌!という方の場合は申し込みをインターネットで行い、カードの受け取りのみをテレビ窓口で行う方法がおすすめです。夜にゆっくりと家からバンクイックの申し込みを行い、翌日審査結果が出た後に契約書類を持って仕事帰りにテレビ窓口へ…。これはスピードではテレビ窓口には負けますが、ムダな時間を省いた効率的な借り方ですよ。

初心者必見!バンクイック増額申請方法を詳しく分かりやすく解説

審査が通りやすくなり、手軽に使えるというイメージも定着してきた各種銀行や消費者金融などで扱っているカードローン。 使うひとが多数いるので、その目的や要望もさまざまなものがあります。今回はカードローンを使っているひとなら一度は思った経験があるカードローンの増額についてのアレコレを人気の「バンクイック」で紹介したいと思います。 誰もが使えるバンクイックで見る!みんなが知りたい増額方法 以前よりも世間の認知度が高くなって来ている銀行系や消費者金融系などと言...

バンクイックは留学費用の名目だといくら貸してくれる?

住宅ローンや教育ローンと違い、その使い途が限定されていないカードローン。 事業を立ち上げたりするときの事業資金などには使えませんが比較的、審査は昔よりは厳しくないので他のローンを組む代わりにカードローンを契約するひとも増えているといいます。 使うひとを選ばず、多くのひとが利用することが可能なカードローンである三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」。このカードローンで留学費用を工面することは出来るのでしょうか。 学生も借りられる「バンクイック」は...

収入証明必須!?バンクイック増枠のために揃えたい書類いろいろ

今や現代人はさまざまなものと契約することで日常生活を送っています。携帯電話を使うのも、インターネットをするのも、申し込みや契約をしているからこそ使うことが出来るのです。 誰もが使えることで有名な三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」も申し込みをして契約が完了してはじめてカードローンを手にすることが出来ます。 そのときの申し込みや新規契約の際に必要になるものと言えば多くの書類です。そしてこれは増枠を希望するときにも用意しておいて損はないと言える...

バンクイックの審査申し込みの連絡先は固定電話じゃないとダメ?

銀行や消費者金融などで簡単にお金を借りることが叶う上に、申し込みも手軽に出来ることで人気を集めているカードローン。 特に銀行系カードローンと呼ばれている「バンクイック」は非常に短期間でカードローンを手にすることが可能、という点が注目されています。その便利なカードローンを手にするためには、審査を通過するということが必要不可欠です。 利用者必見!審査通過の条件 「バンクイック」は基本的には、どんなひとでも借りやすいということが魅力のカードローンです。それ...

勤務先の番号は非通知設定でも大丈夫?バンクイックあれこれ

カードローンはいくつか種類があり、特に銀行系と呼ばれているものは、低金利で安全、相談することが出来て安心ということもあって、非常に人気ですね。 中でも「バンクイック」は勤めている勤務形態を選ばないことで、多くのひとが利用している素晴らしいカードローンです。 そんな「バンクイック」はどんな特徴を持ったカードローンなのでしょうか。設定する連絡先や住所など、申し込みの際にはどんなことを書けばいいのか、徹底的に調べてみましょう。 書類の記入事項について「バン...

新着記事
ページトップへ